あなたが、楽しく安全に運転を習得するのに

必要な教習時間の考え方(必読)7つのポイント

ペーパードライバーがもう一度習いたいテクニックは?
☝マイナビニュースを見てみる 

ポイント1、最初で最後の重大な質問

あなたは、免許を取得してスグに運転しはじめて2年以内に20時間の運転経験はおありでしょうか?

ポイント2、20時間の壁と功罪

ひとつのスキルを ”ある程度”になるまで” 習得するためには最低約20時間が必要であると言われています。免許取得後、スグに定期的に走行し20時間程度ご経験が
おありの場合と、そうでない場合とではペーパードライバー教習における必要な時間数に違いが出てくる場合が殆どです。

■ポイント3、教習所卒業後スグでも危ない状態

免許を取得するために必要な教習所での技能講習は約23時間です。免許取得後、スグであれば【何とかギリギリ】公道を走行できる状態になっています。しかし、100点で卒業できる人は皆無に近く、仮に100点で卒業したとしても、現実的はわからない事だらけなのが現実です。

☞教習時間の目安はココ

■ポイント4、スキルは短期間に簡単に抜け落ちる

ここで大事なのはスキルの抜け落ち、忘却という事です。これは、最初が激しくあとになればなるほど緩やかになることがわかっています。運転の場合であれば、免許取得後1ケ月 ~ 1年の間に大事な運転のポイントも技能も激しく抜け落ちてしまうことが実績と経験からわかっています。知識もすべきことも忘却の彼方へ行ってしまいます。

■ポイント5、運転スキルには技能と意識2つの側面がある

あらゆる、人間が行うスキルには技能と意識の2つの側面があります。運転についても同様でこれら2つが融合した状態ではじめてあなたの安全、家族の安全、周囲の安全が担保されます。また、運転においては分散・反復が習得への最短距離といえます。  

■ポイント6、他のスキルとの最も大きな違い・・・安全

他のスキルとの大きな違い、それはあなたと、家族、周囲の★安全★がスキルに関るという部分です。弊社でのペーパードライバー教習では当然、安全についてのスキルも考え方も、ポイントもすべてお伝えしご一緒しております。
また、受講なさったあとに、定期的な走行をお勧めしております。

■ポイント7、ペーパードライバー教習はスキル習得のシステムを使います

ジャパン・ドライビング・レッスンでは、種々のスキル習得の仕組みと世界的アスリートの技術習得プロセス、伝達しそれが出来るようにする指導の技術を研究実践の上で運転スキル習得のシステムを構築し6つのセオリー3つ意識として整備しました。結果、どのような方でも安全で安心てお取組み頂け、習得率、安全率、業界NO1を自負しております。

☞教習時間の目安はココ