ペーパードライバー、バック駐車のポイントはコレ!

自動車免許を取得してから数年経ったけど、数える程度しか運転してないので、果たして、今運転できるかな?とお悩みのあなたへ。

当サイト(ブログ)では、皆様の安全運転をサポートするために、役立つ情報をお伝えしていきます。

 

バックで行う駐車や車庫入れは、運転に慣れていない人には結構苦手な運転ではないでしょうか。

バックでの運転は、前進する時と違い進行方向を目で直接見るには、上半身をひねり片手でハンドル操作をするか、バックミラーを見ながら運転することになります。

こうした運転の仕方がしっくりいかず、つい苦手意識を持ってしまうのかもしれません。

自分の家の車庫入れならともかく、出掛けた先の駐車場などでは車両感覚がつかみにくいこともあり、なかなかうまく駐車できないこともあります。

そこで、今回は上手にバックでの駐車ができるように、そのコツをご紹介していきます。

 

☆「運転の基本、バックで駐車①」

バック駐車では、止めたいスペース枠の隣に駐車しているクルマを目安に駐車していきます。

まずは、止めたいスペースの左側に車が止まっている場合、その車と50センチほど開けて、止めたいスペースの傍に止めます。

この時左側を必ず目視して、正面に車との境界線が見えるあたりで止まると次の動作がうまくいきます。

この場合、後方の通行車両のためにハザードランプを点灯しておけば、相手に注意を促すと同時に自身が駐車する意思も伝えられますので、慌てずにバック駐車ができます。

まずは、ハンドルを右いっぱいに据え切りし、車を少し前進させます。

次に、ハンドルを今度は車体をまっすぐにするために左へと回していきます。ハンドルを回しながら、左と右のドアミラーに映るそれぞれの隣の車とのスペースを確認しながらバックしていきます。

 

ペーパードライバー克服のために、ご自分ひとりでの練習は難しいものです。

当ジャパン・ドライビング・レッスンでは、出張ペーパードライバー教習を行っており、教習所に通わずして安全運転を学ぶためのサポートをしております。

ご興味・ご関心がございましたら、まずはメールでお問い合わせをお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です